アルゼンチン牛を忘れられない方へ

質の良い高級赤身肉

日本初スペイン牛販売

この牛肉は日本では本店以外で購入できません。
こちらのページを閉じるともう閲覧できなくなるのでご注意ください。

世界最高規格の
スペイン牛

牛の育て方の基準が
世界最高水準であるEU

スペイン牛は
EUを代表する牛肉です

焼いている牛肉

きめ細かく柔らかい

カスペイン牛の最大の特徴は「若齢牛」

スペイン牛の最大の特徴は「若齢牛」。

約14~16ヶ月齢の若齢牛は
きめ細かく柔らかくなるため赤身肉の欠点である、調理時に固くなる心配はありません。


程よいサシ
ジューシーな味わい

ステーキ画像

放牧時は牧草を食べているスペイン牛ですが、
同時に穀物が与えられます。

長期穀物肥育は
牧草のみで育つ牛特有の臭さをなくし
程よいサシと
ジューシーな味わいを実現しています。

更に穀物は「遺伝子組換え飼料不使用」
日本では遺伝子組換え飼料の使用がほとんどの中、
スペインは不使用が当たり前のようです。

臭みなく、ジューシーな
美味しい赤身肉を
食べてみてください!

この牛肉は日本では本店以外で購入できません。
こちらのページを閉じるともう閲覧できなくなるのでご注意ください。

日本では希少
EU基準の高級赤身肉とは

日本では20%以下

放牧肥育

日本では放牧牛の割合が20%以下
80%程度は牛舎で育てられています。
牛舎で育てられた牛はストレスがたまり、
筋肉も衰え、感染症になりやすいです。

脂肪が増えているので、
柔らかいお肉になるのですが、
味気なく胸焼けしてしまう
という感想を耳にします。

ちなみに牛の肥育基準が厳しいEUでは

牛舎禁止
牛舎の中の牛

放牧で育てることが一般的です。
ストレスフリーで育った健康な牛は
程よい弾力性と牛肉本来の美味しさ
楽しむことができます。


成長促進
させない

成長を早めて効率よく牛を生産するために
アメリカなどでは肥育ホルモンが認可され、
日本にも肥育ホルモン入りのアメリカ牛が
輸入されています。

飼料を食べている牛

ちなみに牛の肥育基準が厳しいEUでは

肥育ホルモン禁止

効率重視より牛のことを考えて育てています。

本来の生き方をすることが
美味しさにつながります。

美味しそうだけどステーキ焼く自信ないです。

誰でも焼ける
焼き方紹介

焼き方に不安があれば
お問い合わせください。
サポートいたします。

この牛肉は日本では本店以外で購入できません。
こちらのページを閉じるともう閲覧できなくなるのでご注意ください。