店主の想い

アルゼンチン人の祖父が焼くステーキ

お店の名前「ドン・ロッシ」は僕の祖父の名前で、町のみんなからドンと呼ばれていてました。
(ロゴは祖父の顔です)

僕は日本で「日本とアルゼンチンのハーフ」として生まれ、15歳で単身アルゼンチンへ渡りました。

アルゼンチンでは祖父の家でお世話になり、
その裏庭にはアボカドの木や家庭菜園があって、いつも新鮮な野菜を食べることができました。

週末になると親戚や友達が集まって、炭を囲んで肉や野菜を焼きながら、テレビでサッカーの試合を応援して楽しんでいました。

歌ったり踊ったり騒いだりももちろん楽しかったのですが、祖父の焼く炭火焼きステーキが本当に絶品で、
僕にとってはそのステーキを食べることが週末の1番の楽しみになっていました。
 

和牛とは違う美味しさがある

アルゼンチンから日本へ帰ってきたのは21歳の時。
日本に帰って気づいたのは、和牛もめちゃくちゃ美味しいんだけど、アルゼンチンで食べた牛肉は和牛とは違う美味しさ・魅力があるということでした。
臭みがなく赤身で柔らかく、サシの美味しさというよりは肉自体の旨みを楽しむ。

思い出の味を食べたくなり、日本でアルゼンチン産牛肉を食べれるお店を探しましたがほとんどありませんでした。

「あの味をもう一度食べたい。沢山の方々にこの肉の良さを知って頂きたい。」

そんな想いから月日が経ち、2012年にWEB・グラフィックデザイナーとしてデザイン事務所を立ち上げ、2016年に法人化。現在は10名程度のWEB制作会社の代表を務めています。

相談役の助言から(一社)日本アルゼンチン協会に入会し、そこでアルゼンチン産牛肉の輸入解禁のニュースを知り、久しぶりのアルゼンチン産牛肉の味を確かめ、
思い出が確信に変わりました。

しかし、異業種からの新規参入ということもあり、様々な壁に当たりました。
例えば肉の保管先の確保、流通ルート、上代が高くなりすぎないように原価コストのコントロール等、本業では味わったことのなかったような、難易度の高い様々な問題に直面しました。

正直、事業を始める前は「シンプルな業態だから、肉は簡単に扱えるだろう」と思ってました。現実は全然甘くないです。むしろ難しいことだらけでした。それがかえって逆に沢山勉強する機会を頂けたので本当に良かったです。

諸々のバックヤードを整え、当初は自社のメイン・クライアントである宿泊施設内に併設されているレストランへの卸売りを予定し、軌道に乗ったところで飲食店への導入を始める計画で動いていました。「さぁー!行くぞー!」のタイミングで、まさかのコロナ、あのおかげで計画が全て狂ってしまいましたが、逆にあれが無ければ、当サイト、ドン・ロッシは誕生していなかったと感じます。

コロナが起きて間もなく、宿泊施設や飲食店はもうそれどころではなかったので、我々も別の策を模索しながら動いておりましたが、中々、答えを見つけることが出来ませんでした。

と、コロナが起きてから約5か月過ぎた2020年夏、一つのコンタクトが運命を大きく変える出来事がありました。

長く付き合っている友人からの連絡だったのですが、本人の友人が飲食店をしているということでアルゼンチン産牛肉に興味があるという話を頂き、サンプルを送ったところ、大好評で「売ってもらえないか?」と相談を頂きました。

コロナ禍もあって、飲食店に迷惑かけたくない一心で提案は避けていたので、その言葉が想像以上のインパクトがあり、本当に驚きました。

そこで急ピッチで一度、ペンディングしていたバックヤードを整え、とてもスモールレベルでの卸売りを開始し、飲食店は本当に大変な状況なので、最初に声をかけてくれた飲食店に定期的に牛肉を届けられるよう、一般の小売りもしてみようということで、2020年12月に当サイト、ドン・ロッシを立ち上げました。
最初は正直、日本での知名度が無いので一つも売れないだろうと思っていたのですが、予想以上に売れてしまい、日本には想像以上にアルゼンチン産牛肉の魅力を知っている人がいるんだなと実感しました。

次のフェーズはアルゼンチン産牛肉を知らない沢山の人たちに好きになってもらい、取引量を増やすことで、今より30~40%OFFくらいの価格帯まで持って行けたら良いなと思います。毎日は難しいけれど、月に1回から2回、自分へのご褒美、あるいは家族や友人との有意義な時間のためにこのアルゼンチン産牛肉を通じてお役に立てたらと思います。
人より牛が多い国 アルゼンチン
日本にとっては地球の裏側にあって、とても馴染みが薄い国、アルゼンチン。

そんなアルゼンチンは世界で最も牛肉を食べる国の一つで、年間牛肉消費量はおよそ日本の約8.5倍にあたる、年間51kgと、総人口にあたる4494万人よりも牛の数の方が多いことで知られています。
※日本の年間牛肉消費量は約6.3kg(鶏肉:12.5kg/豚肉:12.3kgと鳥と豚の2TOPが食卓を支えています)

現在、日本国内における輸入牛肉の市場はオーストラリア産とアメリカ産の2TOPがほぼ市場の約8割以上を占めていて、その次にカナダ産、ニュージーランド産、その他にメキシコ産、ウルグアイ産が占めているような状況です。

輸入量が多く、更には政府間で輸出入に関する協定が結ばれている国々と比較して、日本からの距離(運賃)、関税の高さ等、アルゼンチン産牛肉はそのほかの国々と比べてとても不利ではありますが、2020年12月に立ち上げてからサッカーと同じくらい熱狂的なアルゼンチン産牛肉のファン、BBQ愛好家の方々に支えられ、今に至ります。

輸入牛肉市場の中ではスタートラインにすら立てていない状況ですが、いつの日か、必ずどの家庭の食卓で当たり前のようにアルゼンチン産牛肉が並ぶ日を夢見て、微力ながら普及活動に努めてまいりたいと思っています。

それと同時にアルゼンチンという国が日本にもっと近い存在になることを願っています。

アサード(炭火焼き)スペースを2022年に開業予定

今は牛肉の販売だけですが、2022年の夏から秋までの間にアサード(アルゼンチンスタイルの炭火焼きBBQ)が体験できるアサード・スペースを千葉県いすみ市に開業予定です。※東京五輪サーフィン会場から徒歩15分程度

アルゼンチン時代の週末の楽しみだったアサードの思い出を日本で再現していきます!

この牛肉を食べると祖父がいつも座ってたテーブルの殿様席に祖父がいるような気もちになります。

もうこの世にはとっくにいないけど、人の魂とか生き様っていうのはこういうところに宿るんだなと感じています。

ありがとう、おじいちゃん。
Gracias abuelo !

株式会社フィエスタプロジェクト / 代表取締役
アルゼンチン産牛肉専門店ドン・ロッシ / オーナー
松井一敬